YSP各務原東-メンテナンスについて

バイクの整備は”人間の健康管理”

バイクを安心してお乗りいただく為にはしっかりした整備は欠かせません。バイクは多くの部品構成で組み立てられており消耗がとても多いです。
風や雨、ゴミなどの影響もあり部品の劣化が車より多いです。
バイクの健康管理をしっかりする事によってツーリング先でのトラブルや大きな出費も防ぎます。
YSP各務原東ではお客様に安心安全のバイクライフをお送りしていただきたいのでしっかりしたバイク整備を推奨しております。

車両点検・整備について

初回点検(無料点検サービス)
納車後1ヶ月後または1000km走行時に行う点検になります。
納車後にネジの緩み等や初期のび等…etcなどがないかどうかの点検整備になります。

日常点検
日常のお車の使用状況に応じて、お客様の判断で適時行う点検です。
点検時期の目安としては、大型ツーリング、ツーリングに出かける前や洗車時などに実施します。点検方法はメンテナンスノートをご覧ください。

定期点検
年間走行距離が3000km程度を前提に、安全の確保・公害防止の観点から1年および2年,3年毎に実施する点検整備です
安全、快適にご使用いただくための、法または法に準じる点検項目と、
ヤマハが指定する点検項目が定められています。
詳しくはこちらから

車検整備

自動二輪(排気量250cc以上)に対して、保安基準に適合しているかを確認するため
一定期間(新車バイクは初回は3年、以降は2年)ごとに受ける車両検査のことを一般的に車検といわれています。車検の際は車両を分解して点検・整備、チューニングを実施させていただきます。

シビアコンディションチェック

一般的な使われ方より厳しい状態(シビアコンディション)で車両が使われた場合、部品の劣化が通常よりも著しく進行することがあります。
この場合、通常よりも早めの点検整備が必要になってまいります。

YSP各務原東-定期点検・整備ページ
yspkakamigahara_syokai_banner

新車を購入していただいたお客様は「初回点検」が無料で受けることができます。
登録日より50日以内が無料期間になります。
ちなみにYSPでは50日になりますが、R社では30日になっており、YSPの方が余裕を持って点検が受けれます。

無料点検には期限があります。
●有効期限内に無料チケットとメンテナンスノートを持って初回点検をお受けください。
有効期限(登録日から50日以内)を過ぎますと有料になります。

走行距離に関して
●有効期限内に走行距離が1000kmを超える場合は1000km層工事にお受けください。

【注意事項】
●初回点検は、お買い上げの販売店が無料で実施いたします。
やむを得ずお買い上げの販売店で点検を受けられない場合は
ヤマハホームページ掲載のエリアサービスショップが無料で実施します。
●125cc以下のヤマハ車の初回点検はお買い上げ販売店以外では有料となります。
●エリアサービスショップ以外の販売店で点検された場合は有料となります。
●オイル、消耗部品代、交換工賃などは実費をいただきます。
●詳しくはメンテナンスノートや無料チケットの注意事項をご確認ください。

YSP各務原東-定期点検

ここでは6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月などの点検内容について少しご説明させてもらいます。
詳しい内容はこちらのページに記載がされております。(定期点検-ヤマハ発動機株式会社)

安全、快適にご使用いただくための、法または法に準じる点検項目と、ヤマハが指定する点検項目が定められています。 年間走行距離が3,000km程度の標準的な使用を前提とし、安全の確保、公害防止の観点から、1年および2年ごとに実施する点検整備です。

YSP各務原東-定期点検一例

YSP各務原東-車検について

YSP各務原東の車検の受付と流れ

1.お電話でご来店の日時、代車の有無など御確認下さい。(代車についてはご用意できない場合もございます)
2.交換部品が必要な場合はお申し付け下さい。ご来店時に希望をお伺いし確認します。
3.整備・車検・洗車などの作業
4.納車
の順になります

車検を受けるための必要書類

  • 車検証
  • 車検車両の前年度納税証明書(車検用)
  • 自賠責保険
  • 印鑑(三文判で構いません)
  • 申込金(金額はそれぞれ違います)

カスタム車両、改造車両については保安基準に適合していることが車検を受けるための条件になります。

  • 点検時に部品交換が必要な場合は別途料金がかかります。
  • 違法改造など危険車両、不法車両と判断した場合、車検整備をお受けできない事があります
YSP各務原東-シビアコンディションチェック

一般的な使われ方より厳しい状態(シビアコンディション)で車が使われた場合
部品の劣化が通常よりも著しく進行することがあります。
次に示すような厳しい使われ方の場合、通常より早めに点検整備を行ってください。

A ●悪路(凸凹、未舗装路)の走行が多い
全走行の30%以上を占める

B ●走行距離が多い
6か月間の走行距離が3,000km以上

C ●山道、登降坂路での走行が多い
全走行の30%以上を占める
登り下りが多く、ブレーキの使用が多い

オイル交換も行っております。

詳しくは当店でご説明いたします。