2017 ヤマハ MT-07

2017 MT-07

“クロスプレーン・コンセプト”に基づいて開発した2気筒エンジン搭載。誰もが気軽に、スポーティに、走る愉しさを味わえる。
2017年1月まで試乗車あります!詳しくはこちら

2017年2月15日(水)発売予定!ご予約受付中です!!

▼初めに▼
燃費の良さ、走りやすさ、乗りやすさに定評がある MT-07が2017年モデルとしてリリース決定!

▼名称▼
MT-07 ABS , MT-07

▼取り扱い・予約について▼
予約受付中!!

▼試乗車▼
試乗車あります。詳しくはこちら ※初代MT-07になります。

▼カラー▼
ABSあり
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ABSなし
ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)
マットダークグレーメタリック6(マットグレー)

▼メーカー価格▼

MT-07 ABS  760,320円 [消費税8%含む] (本体価格 704,000円)
MT-07  710,640円 [消費税8%含む] (本体価格 658,000円)

▼更新情報▼
2017年01月23日(月)日本国内リリース情報を追加しました。
2016年11月21日(月)特別ページを開設しました。

この軽さが、スポーツになる。

跨がった瞬間に感じ取れる、軽く、スリムでコンパクトなボディ。走りだせば、全域にわたって滑らか、かつトルクフルな2気筒エンジン。ゆったりと鼓動を味わう走りから、意のままに操れる俊敏かつ力強い走りまで。そこには毎日、誰もが日常的に体感できる、新しい愉しさがあります。そして今、個性を彩る4タイプのニューカラーをラインナップ。MTワールドの楽しみを伝える1台、MT-07。あなたを、さり気なく“Sports Passion”の世界へと誘います。

2017 ヤマハ MT-07

ライディングに新たな愉しみをもたらすエンジン特性
ライダーのスロットル操作に対しリニアなトルクを創りだす、水冷・DOHC・直列2気筒・4バルブ・フューエルインジェクションエンジン。燃焼系の最適化に加え、オフセットシリンダーや軽量ボディ設計、早期暖機設計などの相乗効果で優れた燃費性能に貢献。また、単に最高出力やトルク値を追求するのではなく、粘り強いトルク特性を獲得することで卓越した扱いやすさ、コントロール感を実現。頻繁なギアチェンジを繰り返すことなく、アクセルのオン・オフで爽快な走りを愉しめる。

2017 ヤマハ MT-07
2017 ヤマハ MT-07

軽量ボディ設計と優れた燃費性能
燃焼系の最適化に加え、オフセットシリンダーや軽量ボディ設計、早期暖機設計などの相乗効果で優れた燃費性能を実現。また良好な排気効率、消音性能、マス集中を図るため、エキゾーストパイプとサイレンサーをユニット化した2into1式エキゾーストを装備。ポート部から伸びる2本のエキゾーストパイプは美しいラインを描き、常に抑揚感を伝える造形となっている。加えてサイレンサーにはフィードバック制御三元触媒を使用、優れた環境性能を実現。平成19年国内排出ガス規制に適合している。。

軽快で素直なハンドリングを支えるフレーム
外径・板厚の違う高張力鋼管を適材適所で組合せた、バックボーン型フレーム。シンプルなパイプワークは、しなやかな乗り味と軽快なコントロール性に貢献。あわせて、容易な取り回しを実感できる“軽量・スリムな車体”を実現した。軽くかつコンパクトなエンジン、低重心設計とともに、軽快感に優れた素直で上質なハンドリングを支えている。

正立式フロントサスペンション&エンジン側懸架のリアサスペンションユニット
41mm径インナーチューブ・正立式フロントフォークを装着。扱いやすいハンドリング特性、自然な操舵感が伝わる設計とした。また、水平方向レイアウトのモノクロス式リアサスペンションの車体側はクランクケースに締結。フレームにサスペンション荷重を受け止める構造物を必要としないため、しなやかなフレームと適正な剛性バランスに寄与している。

2017 ヤマハ MT-07

ハンドリングを支えるフロント周り設計
扱いやすいハンドリング特性実現のため、41mm径インナーチューブ・正立式フロントフォークを装着し、自然な操舵感が伝わる設計とした。ストロークを130mm、フォークピッチは190mmとコンパクト化し、メインフレームに対するステアリングまわりの慣性モーメント低減と剛性を最適化している。

2017 ヤマハ MT-07

フロントブレーキ&17インチアルミホイール・ラジアルタイヤ
フロントブレーキは、対向ピストン・4ポットキャリパー、282mm径フローティングタイプのウェーブディスクをダブルで装備。コントロール性に優れた制動力に貢献している。また軽やかな走行フィーリングをさらに印象づけるため、10本スポーク型の軽量アルミ製キャストホイールを装備。フロントに120/70ZR17M/C (58W)、リア180/55ZR17M/C (73W)の扁平ラジアルタイヤを装着、力強い走りをアピールしている。また、ABS装備車※を設定した。※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

コンセプトは“クールアーバンスポーツ”
ダイナミックかつ俊敏で、街を自由自在に駆け抜けるイメージの斬新なデザイン。独特なアップライトポジションがクールで強い個性と、躍動的なスピード感を表現している。この“走りの機能美”と“人とマシンの融合美”を両立するデザインメソッドが、“ダブルデッキ・ストラクチャー”。マシンのアッパー部とアンダー部を分け、双方の関係を相対的かつ連携的に表現。アンダー部分では、ヤマハらしい独創的な力強い走りの機能を。一方、アッパー部分は、パワーユニットを覆う“衣”や“ジャケット”にあたるものとして、軽やかで流れるような力感とマン・マシンの一体感を表現。全体として軽快なフロント周りと、切れあがったリア周りを印象づけ、“エクストリーム”なイメージを持たせている。

魅力溢れる4つのボディカラー
アグレッシブな印象を表現したソリッドグレー+足周りにアシッドイエローを配し、トレンドとミックスされたファッション性を主張するグレー。ブルーは、ヤマハレーシングブルーをより強調。ブルーメインの配色で、ダイナミック&スポーティをさらにアピール。ホワイトは、ベーシックな定番カラーながらも、洗練されたスポーティイメージがアクセント。マットグレーは、シンプルなブラックながら艶とマットの組合せによる洗練されたシリアスなイメージに加え、MT-07ロゴには夜間に光を反射する新グラフィックを採用している。

2017 ヤマハ MT-07

ひと目で情報を読み取れる小型フル液晶マルチファンクションメーター
メーター下段にはエンジン回転数をバー表示し、トルクバンドの4,000~8,000rpm部分を幅広く表示。回転数だけでなく、発生トルクの量感イメージを強調した。またひと目で使用中のギアがわかるよう、中央にギアポジションインジケーターを、さらに環境に配慮した走行時に点灯するECOインジケーターを装備。スタータースイッチはスライド式で、エンジンストップスイッチと一体のスマートな外観となっている。※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

マルチリフレクターヘッドランプ&その他の主な装備
フロント周りの個性的な演出にも寄与する、マルチリフレクターヘッドランプ。リアにはLEDテールランプを配置した。また、コンパクトボディと調和する6角タイプの小型バックミラーを装着している。

ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
2017 ヤマハ MT-07 ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
2017 ヤマハ MT-07
ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)
2017 ヤマハ MT-07
マットダークグレーメタリック6(マットグレー)

2017年国内

2017年モデル(US)

2017年モデル(EU)

過去モデル

MT-07
認定型式/原動機打刻型式 EBL-RM07J〈2BL-RM19J〉/M403E〈M410E〉
全長/全幅/全高 2,085mm/745mm/1,090mm
シート高 805mm
軸間距離 1,400mm
最低地上高 140mm
車両重量 179kg〈182kg〉
燃料消費率*1 国土交通省届出値定地燃費値 *2 38.4km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 *3 24.1km/L〈23.9km/L〉(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
舗装平坦路燃費 *4 -
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列, 2気筒
総排気量 688cm3
内径×行程 80.0mm×68.5mm
圧縮比 11.5 : 1
最高出力 54kW(73PS)/9,000r/min
最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/6,500r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 3.00L
燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 8.6Ah(10HR)/YTZ10S
1次減速比/2次減速比 1.925/2.687
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速:2.846 2速:2.125 3速:1.631 4速:1.300 5速:1.090 6速:0.964
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 24°50′/90mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
乗車定員 2名

ヤマハ 低金利

YSP オリジナルキャンペーン

YSP 購入宣言キャンペーン

YSPゲットライセンスプレミアムキャンペーン(2017)

当店の独自のキャンペーンもご利用できます。是非ご利用してみてくださいね!