2017 YZF-R25 YZF-R32017 YZF-R3/25

2017年モデル「YZF-R3 / YZF-R25 ABS / YZF-R25」が遂に発売決定致しました!予約受付中!

2017年3月15日(水)発売予定!ご予約受付中です!!

▼初めに▼
毎日乗れる、スーパーバイク
毎日、そして週末。
卓越したパフォーマンスと、日常での扱いやすさを、バランス良く両立した。
ヤマハ スーパースポーツの象徴、「R-DNA」を継承。
軽さが生む胸躍る加速感、そして意のままのハンドリング。
街で、ワインディングで、さらにロングツーリングでも。
R3&R25 は、スーパースポーツならではの楽しさを、さらに拡げてくれる。

▼名称▼
YZF-R3 ABS
YZF-R25 ABS
YZF-R25

▼取り扱い・予約について▼
発売日:2017年3月15日

▼試乗車▼
試乗車なし

▼カラー▼
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
・マットブラック2(マットブラック)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)

▼メーカー価格▼

YZF-R3 ABS:631,800円 [消費税8%含む] (本体価格 585,000円)
YZF-R25 ABS:599,400円 [消費税8%含む] (本体価格 555,000円)
YZF-R25:556,200円 [消費税8%含む] (本体価格 515,000円)

▼更新情報▼
2017年2月22日(水)特別ページを更新しました。
2016年11月20日(日)特別ページを開設しました。

2017 ヤマハ YZF-R3/25

R3 – Liquid-cooled DOHC 4-valve 320cm3 FI engine
【水冷・DOHC・直列2気筒・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジン】
68.0×44.1mmのボア・ストローク、11.2:1の圧縮比から10,750r/minで31kW(42PS)の最高出力、9,000r/minで30N・m(3.0kgf・m)の最大トルクを発揮する。またA/Cファンネル長、エキゾーストパイプ長、ECUのセッティング等をR3専用に最適化。軽量ボディとの組合せとも相まって、高速域でのゆとりある加速力、高速巡航時の安定性・低振動化などに貢献。

2017 ヤマハ YZF-R3/25

R25 – Liquid-cooled DOHC 4-valve 249cm3 FI engine
【水冷・DOHC・直列2気筒・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジン】
60.0×44.1mmのボア・ストローク、11.6:1の圧縮比から12,000r/minで27kW(36PS)の最高出力、10,000r/minで23N・m(2.3kgf・m)の最大トルクを発揮する。カム直押し式バルブ駆動や、アルミ鍛造ピストン、オフセットシリンダーに加え、軽量化、耐摩耗性、耐焼付性に貢献するDiASilシリンダーなど装備。優れた出力・トルク特性を達成し、低中速での扱いやすさ、中高速での高揚感、燃費などをバランスよく実現。

軽く、良好な剛性バランスを実現したダイヤモンドフレーム
最新の解析技術と実走行テストにより実現した、軽量化と剛性バランスを兼ね備えたダイヤモンドフレーム。良好な足着き性にも貢献。

2017 ヤマハ YZF-R3/25
2017 ヤマハ YZF-R3/25

さまざまな情報を見やすく表示、マルチファンクションメーター
左にアナログ回転式のタコメーター、右にデジタル表示速度計、さらに中央上にはシフトタイミングインジケーターを配置。その他にもギアポジション、燃料計、水温計、瞬間燃費や平均燃費、時計、トリップ 1・2、オイル交換時期などを表示可能。
※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

躍動的なデザインを主張する、アルミ鋳造10本スポークホイール
バネ下重量の低減を図り、スーパースポーツならではの軽快なハンドリングに貢献。

アンチロックブレーキシステム
さまざまな路面状況でも車輪のロック傾向を抑制し、タイヤ本来の性能を充分に発揮させるABS※を標準装備(YZF-R3 ABS、YZF-R25 ABS)。
※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

2017 ヤマハ YZF-R3/25
2017 ヤマハ YZF-R3/25

視認性に配慮した、LED テールランプ

鋭い表情を演出する2眼逆スラントヘッドランプ

スポーツバイクならではの走りを支える、リアモノクロスサスペンション
走りと快適性の両立に寄与する、125mmのホイールトラベル。加減速時にマシンの荷重移動がライダーに心地よく伝わり、スポーツバイクならではの爽快感に寄与。

10剛性感あるフィーリングをもたらすフロントサスペンション
大径・41mmのフロントフォーク装備。130mmのストロークと相まって、狙ったラインをトレースしやすい剛性感あるフィーリングをもたらしている。

2017 ヤマハ YZF-R3/25
2017 ヤマハ YZF-R3/25

制動力とコントロール性に優れた、フロント&リアディスクブレーキ

環境性能&マス集中にも貢献するショートマフラー
3段膨張タイプとし、消音効果と心地よい排気サウンドを両立。また三元触媒を採用、環境性能にも配慮。

14リットルの燃料タンク

スポーティなセパレートハンドル

パワーを効率良く後輪に伝える、左右非対称のロングリアアーム
強度・剛性・軽量化のバランスを最適化。旋回や加減速時、パワーを効率良く後輪に伝えることに寄与。

良好な足着き性に貢献する低シート高
足着き性の良いシート高、780mm。

2017 YAMAHA YZF-R3/25
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
2017 YAMAHA YZF-R3/25
ホワイトメタリック6(ホワイト)
2017 YAMAHA YZF-R3/25
マットブラック2(マットブラック)
YZF-R3 YZF-R25
認定型式/原動機打刻型式 EBL-RH07J/H402E JBK-RG10J/G401E
全長/全幅/全高 2,090mm/720mm/1,135mm 2,090mm/720mm/1,135mm
シート高 780mm 780mm
軸間距離 1,380mm 1,380mm
最低地上高 160mm 160mm
車両重量 169kg 166kg〈168kg〉
燃料消費率*1 国土交通省届出値定地燃費値 *2 34.6km/L(60km/h) 2名乗車時 33.5km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 *3 24.4km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時 26.2km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
舗装平坦路燃費 *4 - -
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列, 2気筒 直列, 2気筒
総排気量 320cm3 249cm3
内径×行程 68.0mm×44.1mm 60.0mm×44.1mm
圧縮比 11.2:1 11.6:1
最高出力 31kW(42PS)/10,750r/min 27kW(36PS)/12,000r/min
最大トルク 30N・m(3.0kgf・m)/9,000r/min 23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min
始動方式 セルフ式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.40L 2.40L
燃料タンク容量 14L(無鉛レギュラーガソリン指定) 14L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式) TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 7.0Ah(10HR)/GTZ8V 12V, 7.0Ah(10HR)/GTZ8V
1次減速比/2次減速比 3.043/3.071 3.043/3.071
クラッチ形式 湿式, 多板 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速:2.500 2速:1.823 3速:1.347 4速:1.086 5速:0.920 6速:0.800 1速:2.666 2速:1.882 3速:1.454 4速:1.200 5速:1.037 6速:0.920
フレーム形式 ダイヤモンド ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00′/95mm 25°00′/95mm
タイヤサイズ(前/後) 110/70-17M/C(54H)(チューブレス)/140/70-17M/C(66H)(チューブレス) 110/70-17M/C(54S)(チューブレス)/140/70-17M/C(66S)(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 55W×2 ハロゲンバルブ/12V, 55W×2
乗車定員 2名 2名

2017年モデル(YZF-R3/R25)

過去モデル(カラー違い)

ローダウンキット
YZF-R25/3 MT-R25/3専用キット

説明しよう!「ローダウン」は車高を下げる行為全般を指します。 「車高調」は車高調整式サスペンションの略でスプリングとショックアブソーバのセットに車高調整機能がついたものです。 ノーマルより大幅に車高を下げられるものが主流です。

【メーカー】RPM(RACING PROJECT MOTORCYCLE)
【 価格 】 34,560円(税込)
【 工賃 】 7,740円(税込)
【 生産国 】 台湾
【 特徴 】
RPM社プレミアムクラスのGIIシリーズの高い基本性能はそのままに、ローダウンから純正長までをカバーするサスペンション登場。
※ローダウン時はサイドスタンド時の立ち角度が変わりますので、ご注意ください。
※ローダウン時にフロントフォーク突き出し長さを変えるとサイドスタンドを短くする必要がございます。
フロントフォークの突き出し量とリア車高調整とのバランスを取りながら、車高調整を行ってください。

現在集計中です

ネオ・バリアぶるプランα

 

ゲットライセンス ヤマハ 岐阜

【当店限定キャンペーン】