ヤマハ トリシティ155

New Standard City Commuter
-より上質になったTRICITYトリシティ)-

2017年1月20日(金)より発売開始!ご予約受付中です!カタログご請求はこちらから可能です。

▼初めに▼
トリシティ155が2017年1月に新登場!
詳しい特徴など変更点は「変更点・メリット」タブにてご確認ください
ご予約はYSP各務原東まで!

▼名称▼
2016 TRICITY155 ABS ※ABSのみ

▼取り扱い・予約について▼
発売日:2017年1月20日(金)

▼試乗車について▼
2016年12月23日(金)より試乗がスタート 詳しくはこちら

▼メーカー価格▼
メーカー希望小売価格 ¥453,600-【消費税8%含む】 (本体価格¥420,000-)

▼更新情報▼
2016年12月22日(木)試乗車情報を追加
2016年12月07日(水)試乗車についてを追加
2016年11月23日(木)ページを変更
2016年05月28日(土)特別ページを公開

ヤマハ トリシティ155
マットビビッドパープリッシュブルーメタリック 1(ブルー)
ヤマハ トリシティ155
ホワイトメタリック 6(ホワイト)
ヤマハ トリシティ155
マットブラック 2(ブラック)

・高速道路でも、軽快な走り。
排気量155cm3だから、一般道路だけでなく、自動車専用道路での走行が可能。長距離の移動にも役立ちます。
また高出力なエンジンに合わせて設計したアンダーボーン型フレームを採用するなど、高速走行時の乗り心地も追求しました


パワフルさとエコを兼ね備えた、VVA搭載 “BLUE CORE”エンジン
高効率燃焼・高い冷却性・ロス低減にフォーカスした、水冷4ストローク・SOHC・155cm3単気筒・4バルブ・FIのCVT新エンジンを搭載。“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化させる、ヤマハ独自の“BLUE CORE(ブルーコア)”思想に基づき、開発・セッティングを行いました。
アルミ鍛造ピストンやオールアルミ製DiASilシリンダー、オフセットシリンダー、さらにはVVA(可変バルブ)を採用することで高効率燃焼を促進。力強い走りと優れた燃費、良好な加速フィーリングを引き出しています。


確かなライディングパフォーマンス。
TRICITY 155は、軽快・機敏でスポーティーなハンドリングと、車両性能から生まれる安定感によって、走りに新しい楽しさを提供します。フロント二輪だから、急な横風や低速走行時に、ふらつきが少ないのも魅力です。コーナリング時には、独自のLMWテクノロジーによって、フロント二輪が車体と同調してリーンし、路面の変化にもしっかり追従。滑りやすい路面状況でも、外輪か内輪のどちらかがグリップしていれば、路面の影響を受けにくくなり、前輪のスリップによる転倒リスクが低減されます。


ゆとりを感じさせる、上質な乗り心地
リアサスペンションには、優れた衝撃吸収性と初期作動時のしなやかさを両立する、ツインチューブ式ショックアブソーバーを搭載。
その他にも、振動を低減するラバーマウントハンドルを採用するなど、乗り心地を向上させるためにさまざまな配慮を重ねました。

続きの特徴はヤマハ発動機公式サイトまで

キビキビ走る

・独自のLMW機構に新フレームをマッチング
・VVA搭載“BLUE CORE” エンジンで 発進加速・燃費良好
・ツインチューブリアサス&130mm幅リアタイヤ で高トラクション
・トリプルディスクブレーキ & UBS+ABS採用

ゆったり乗れる

・フラットなフットボードで足元自由度拡大
・メインシート長拡大で余裕の乗車姿勢 (TRICITY125比で30mm延長)
・新表皮シートを採用し、着座部形状も変更。 ホールド感とフィット感が向上

利便性の向上

・23.5Lのシート下収納(LED照明付)
・ヘルメットホルダー2個 ・フロント部にワンタッチの蓋付収納ポケット、 DC電源ソケット(12V)を装備
・ワンタッチ操作のパーキングブレーキ ・7.2L燃料タンク
・握りやすい形状のグラブバー (オプション装着用ボルト穴加工済み)

エレガント

・流麗なボディライン
・独創的フロントフェイスと 上品なキャストホイール(リボンをモチーフ)
・視認性が高いデジタルメータ装備インナーパネル (エコランプも装備)
・LEDヘッドライトによる先進的フロントマスク

トリシティ155 フィーチャーマップ
押すと拡大します

試乗車モデル

2016年モデル

過去モデル(125cc)

トリシティ155
認定型式/原動機打刻型式 2BK-SG37J/G3G9E
全長/全幅/全高 1,980mm/750mm/1,210mm
シート高 780mm
軸間距離 1,350mm
最低地上高 165mm
車両重量 165kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値定地燃費値 *2 43.4km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 *3 41.7km/L(クラス2, サブクラス2-1) 1名乗車時
舗装平坦路燃費 *4 -
原動機種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 155cm3
内径×行程 58.0mm×58.7mm
圧縮比 10.5:1
最高出力 11kW(15PS)/8,000r/min
最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 1.00L
燃料タンク容量 7.2L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 6.0Ah(10HR)/YTZ7V
1次減速比/2次減速比 1.000/10.208
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.306~0.725:無段変速
フレーム形式 アンダーボーン
キャスター/トレール 20°00′/67mm
タイヤサイズ(前/後) 90/80-14M/C 43P(チューブレス)/130/70-13M/C 57P(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED
乗車定員 2名

【ネットユーザー(Twitter)の反応】~トリシティ155のつぶやき~

Tricity155 youtube