YAMAHA YZF-R1 YZF-R1M

2016年 YZF-R1 / YZF-R1M

YZF-R1 60th Anniversary(ライトレディッシュイエローソリッド1)が新登場!!

2016年モデルをお買い求めなら2015年モデルYZF-R1をお取り扱い・販売した当店にお任せください!!
今回取扱いします車両は、プレストコーポレーション(正規輸入元)の海外向けモデルになります。

 

YZF-R1(60th)、YZF-R1(ブルー)&YZF-R1M先行予約は終了しました。一般販売も停止しております。

▼YZF-R1ご紹介▼
STDモデルの役割を担う、「YZF-R1」ヨーロッパで最初にリリースされ
2カ月遅れ日本でリリースされた。
エンジンのスペックやフレーム、マグネシウム製のホイールを採用
アルミ製の燃料タンクなどはYZF-R1Mと共通であることを踏まえるとコストパフォーマンスは高い。
2016年モデルはグラフィックが一部変更され、イエローモデル(60th記念カラー)が追加された

▼YZF-R1Mご紹介▼
こちらのモデルの特徴的なのが上級グレードの設定、STDのR1と比べると
変更点はサーキット走行を前提としたもので、限界点を引き上げ、セットアップの幅を拡大するための
アップデートパーツがふんだんに盛り込まれている。
車両価格が大幅に上がるがそれだけの内容・価値はある。

R1 / R1Mのそれぞれの違いをご説明します。
エクステリアで目に付く部分はカウル、R1Mはすべてドライカーボンで構成されており
R1は樹脂になっている。
YZF-R1Mは計300gの軽量化を達成している、また燃料タンクとスイングアームは同じアルミ製だがR1Mはアルミ地を活かしたバフ仕上げとなっている。

メーターは両モデル共共通である。
しかしR1Mは電子制御サスペンションを備えている為
モードやセットアップの為の情報が表示される。

前後サスペンションの違いは、R1は減衰力を手動で調整するKYB(カヤバ)製の倒立
フォークを採用している、リヤにもKYB製のモノショックを装備
R1Mは前後オーリンズ製の電子制御サスが装備され、バネレート強化している。
ストローク量は両モデル共通である

▼受注開始日(予約開始日)▼

YZF-R1 (60th) 2月19日(金)→締め切り:2月28日(日)
YZF-R1 (BLUE) 3月25日(金)→締め切り:4月3日(日)
YZF-R1M(BL/WH)3月25日(金)→締め切り:4月3日(日)

▼価格▼

・YZF-R1M:BWM2(ブルーイッシュホワイトメタリック2)
3,186,000円(車両価格 2,950,000円)

YZF-R1:  LRYS1(ライトレディッシュイエローソリッド1)
2,430,000円(車両価格 2,250,000円)

YZF-R1:  DPBMC(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
2,376,000円(車両価格 2,200,000円)

▼発売日(初回出荷)▼

YZF-R1 (60th)    3月下旬
YZF-R1 (BLUE)   5月下旬
YZF-R1M(BL/WH) 5月中旬

こちらの車両は店頭展示予定(在庫分として)はありません、受注発注になるので
ご不明な点がありましたらスタッフまでお問合せください

▼カラーラインナップ▼
YZF-R1 【LRYS1(ライトレディッシュイエローソリッド1)】NEW COLOR
YZF-R1 【DPBMC(ディープパープリッシュブルーメタリックC)】NEW COLOR
YZF-R1M【BWM(ブルーイッシュホワイトメタリック)】 継続色

YZF-R1M

名称 及び 型式
モデル名 YZF-R1M
年式 2015
仕向地 カナダ
寸法 及 質量
全長 2,055mm
全幅 690mm
全高 1,150mm
シート高 860mm
軸間距離 1,405mm
最低地上高 130mm
装備重量 201kg
最小回転半径 3.3m
原動機
原動機種類 4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ
気筒数配列 並列4気筒
総排気量 998cm3
内径×行程 79.0×50.9mm
圧縮比 13.0:1
最高出力 N/A
最大トルク 112.4N・m (11.5kgf.m) /11,500r/min
始動方式 セル式
潤滑方式 ウエットサンプ
エンジンオイルタンク容量 3.9リットル
燃料装置
燃料タンク容量 17リットル
燃料供給 電子制御フューエルインジェクション
電気装置
点火方式 TCI
点火プラグ型式 LMAR9E-J
バッテリ容量 12V,6.0Ah
バッテリ型式 YTZ7S
動力伝達装置
一次減速機構 ギア
一次減速比 67/41(1.634)
二次減速機構 チェーンドライブ
二次減速比 41/16(2.563)
クラッチ形式 湿式多板
変速機
形式 常時噛合式6段
操作方法 リターン式
変速比1速 39/15 : 2.600
変速比2速 37/17 : 2.176
変速比3速 35/19 : 1.842
変速比4速 30/19 : 1.579
変速比5速 29/21 : 1.381
変速比6速 30/24 : 1.250
車体
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスタ 24°00′
トレール 102mm
タイヤサイズ(前) 120/70ZR17M/C(58W)
タイヤサイズ(後) 200/55ZR17M/C(78W)
制動装置
制動装置形式(前) 油圧ダブルディスク(外径320mm)
制動装置形式(後) 油圧シングルディスク(外径220mm)
懸架装置
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム
緩衝装置
緩衝方式(前) コイルスプリング/オイルダンパー
緩衝方式(後) コイルスプリング/ガス・オイルダンパー
ホイールトラベル(前) 120mm
ホイールトラベル(後) 120mm
その他のスペック
イモビライザースイッチ
ハザードランプ
スピードメーター km/

● このホームページに掲載している仕様・諸元の内容は、予告なく変更する場合があります。
● 仕様変更などにより写真や内容が一部実車と異なる場合があります。
● ボディーカラーはモニタ上では実車と異なって見える場合があります。予めご了承下さい。
● 仕様・諸元は現地仕様です。

YZF-R1

名称 及び 型式
モデル名 YZF-R1
年式 2015
仕向地 カナダ
寸法 及 質量
全長 2,055mm
全幅 690mm
全高 1,150mm
シート高 855mm
軸間距離 1,405mm
最低地上高 130mm
装備重量 199kg
最小回転半径 3.3m
原動機
原動機種類 4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ
気筒数配列 並列4気筒
総排気量 998cm3
内径×行程 79.0×50.9mm
圧縮比 13.0:1
最高出力 N/A
最大トルク 112.4N・m (11.5kgf.m) /11,500r/min
始動方式 セル式
潤滑方式 ウエットサンプ
エンジンオイルタンク容量 3.9リットル
燃料装置
燃料タンク容量 17リットル
燃料供給 電子制御フューエルインジェクション
電気装置
点火方式 TCI
点火プラグ型式 LMAR9E-J
バッテリ容量 12V,6.0Ah
バッテリ型式 YTZ7S
動力伝達装置
一次減速機構 ギア
一次減速比 67/41(1.634)
二次減速機構 チェーンドライブ
二次減速比 41/16(2.563)
クラッチ形式 湿式多板
変速機
形式 常時噛合式6段
操作方法 リターン式
変速比1速 39/15 : 2.600
変速比2速 37/17 : 2.176
変速比3速 35/19 : 1.842
変速比4速 30/19 : 1.579
変速比5速 29/21 : 1.381
変速比6速 30/24 : 1.250
車体
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスタ 24°00′
トレール 102mm
タイヤサイズ(前) 120/70ZR17M/C(58W)
タイヤサイズ(後) 190/55ZR17M/C(75W)
制動装置
制動装置形式(前) 油圧ダブルディスク(外径320mm)
制動装置形式(後) 油圧シングルディスク(外径220mm)
懸架装置
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム
緩衝装置
緩衝方式(前) コイルスプリング/オイルダンパー
緩衝方式(後) コイルスプリング/ガス・オイルダンパー
ホイールトラベル(前) 120mm
ホイールトラベル(後) 120mm
その他のスペック
イモビライザースイッチ
ハザードランプ
スピードメーター km/h

● このホームページに掲載している仕様・諸元の内容は、予告なく変更する場合があります。
● 仕様変更などにより写真や内容が一部実車と異なる場合があります。
● ボディーカラーはモニタ上では実車と異なって見える場合があります。予めご了承下さい。
● 仕様・諸元は現地仕様です

▼更新情報・通知▼
2016年2月14日(日)イベントページを追加
2016年1月29日(金)特別ページを公開

YZF-R1/R1Mの仕様・諸元は2015年モデルの仕様になります。2016年モデルの仕様が分かり次第公表致します。
こちらのページの画像や動画などは「YAMAHA EU(ヨーロッパ),CA(カナダ)」の画像を使用しております。
画像と現車は異なる場合があります、現車優先とさせていただきます。

YZF-R1/R1Mオーナーズカフェ開催決定!!
4月9日(土)コミュニケーションプラザにて開催!!

YZF-R1/R1Mオーナー様の交流場所として『YZF-R1/R1Mオーナーズカフェ』を開催致します。

開催場所はYZF-R1誕生の地『コミュニケーションプラザ』。
初代YZF-R1~現行モデルYZF-R1/R1Mのオーナー様どなたでもご参加いただけます。

▼詳細情報▼

開催場所 コミュニケーションプラザ
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/
開催日時 2016年4月9日(土)
10:30~15:00
参加資格 初代YZF-R1~現行モデルYZF-R1及びYZF-R1Mのオーナー様
入場料 無料
目印 プレストテント(スタッフがお待ちしております)
おもてなし ・ドリンクサービス
※ドリンクは数に限りがございます
スケジュール
(予定)
  • 10:30 〜 開始
  • 13:00 〜 プチイベント
  • 15:00    終了

※スケジュールは都合により変更する場合がございます。

注意事項 駐車場が満車の場合、スタッフが別途駐車場をご案内することがございます。
会場ではスタッフまたは出版社等が取材のため撮影させていただく場合があります。
撮影した写真及び映像について、誌面やWEB等のメディア媒体に使用する場合がありますので、ご了承ください。
コミュニケーションプラザ営業時間外は入場できないのでお気をつけ下さい。
違法改造車の入場は固くお断りします。
その他 雨天決行
万が一荒天により中止とする場合はフェイスブックページに案内を掲載します。
http://www.facebook.com/prestocorporation
(ご登録されていなくてもご覧頂けます)

Yamaha YZF-R1 60th Anniversary

All new Yamaha 2015 YZF-R1. We R1