• AM9:30~PM7:30(火曜定休)
  • 岐阜県各務原市鵜沼南町5丁目233
  • 058-370-5100
XTZ1200ZE プレスト

並列2気筒1,200ccエンジンを搭載したアドベンチャーツアラーの最上級モデル「XT1200ZE スーパーテネレ」の2019年モデルの取り扱いを決定いたしました大自然のオフロードから都会のアスファルトロードまで、道を選ばない走破性と長距離ツアラー性能を極めたXT1200ZE スーパーテネレに、2019年モデルはMLNM4(ライトグレー)と、MDNM6(ダークグレー)の2色が設定されました。
あわせて、オプション装着率の高い「パニアケース」と「スキッドプレート」を標準装着した「XT1200ZE スーパーテネレ パニアケースパッケージ」を、プレストコーポレーションオリジナルのアクセサリーパッケージモデルとしてラインナップに追加。193,300円相当のアクセサリーが車両本体価格プラス70,000円で装着できる大変お得なアクセサリーパッケージモデルとなります。

車両詳細

●名称
2019 XT1200ZE スーパーテネレ /2019 XT1200ZE スーパーテネレ パニアケースパッケージ

●仕様
南アフリカ仕様

●受注期間
11月20日(火) ~ 定めなし

●カラー
マットライトグレーメタリック4(MLNM4)
マットダークグレーメタリック6(MDNM6)

●値段(通常版)
1,760,400円[消費税8%含む](本体価格1,630,000円)

●値段(パニアケース付)
1,836,000円[消費税8%含む](本体価格1,700,000円)

●出荷時期※あくまで予定です。
2019年1月ごろより出荷(PRESTO→YSP各務原東)

※日本の環境基準に適合した仕様での販売となります。
※仕様変更などにより、写真や内容が一部実車と異なる場合がございます。
※輸入商品のため、デリバリー開始予定日はあくまでも目安です。輸送等の事情により予告なく変更される場合がございます。
※値段(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれておりません。消費税率8%に基づく価格です。
※一部の画像はヤマハEU(欧州画像)を使用しており、実際のオプション装着品と異なっております。パニアケースの数も同様に相違しております。

XTZ1200ZEについてご不明な点などがありましたらお気軽にご相談ください。

XT1200ZE スーパーテネレ/カラーリング

XTZ1200ZE プレスト
ライトグレー
XTZ1200ZE プレスト
ダークグレー

XT1200ZE スーパーテネレ(パニアケース付き)/カラーリング

XTZ1200ZE プレスト
ライトグレー
XTZ1200ZE プレスト
ダークグレー

特徴のご紹介

コンセプト

最上級のオールラウンダー・アドベンチャーツアラー
どこまでも続くアスファルトの一本道での安定性と快適性、マウンテンロードにおける爽快なコーナリングフィール、山岳地帯を縫って進むつづら折りの未舗装路でのビッグマシンながら妥協しない走行性。世界のあらゆる道を疲れを知らずにロングディスタンスを走りきる、「XT1200ZE Super Ténéré(スーパーテネレ)」登場。

デザイン

未知なる冒険の扉を開く
パリダカで勝利するために開発され、過酷な環境で培った技術を市販車にフィードバックすることにより、あらゆるシチュエーションで安全で快適なライディングを実現したXT1200ZE Super Ténéré(スーパーテネレ)。その走行・快適性能は新たなライフスタイルを生み出す。
初めて走る峠道でワインディングロードを楽しむ。パートナーと快適にツーリングを楽しみ、特別なブランチを食べる。森の中を走り抜け、キャンプで雄大な自然に触れる…
まだ見たことのない未知なる冒険の扉を、いま開けよう。

デザイン2

あらゆる道も踏破する、王者の風格を称えたデザイン。
ヤマハのアイデンティティともいえる二灯ヘッドライトは、ソレノイド駆動でハイ・ローを切り替えるプロジェクターヘッドライト。フロント、リヤには共に小型LEDフラッシャーを採用。サイズの小型化のみならず、視認性も高めた。また、ロングツーリングを快適にするために、ウィンドシールドは工具不要で4段階の調節ができる機能を搭載。
洗練されたフォルムをもつタンクは、ニーグリップする部分を曲線状にすることで、23Lの大容量を実現。左右非対称のカウルに見えるのは、左側がラジエター冷却のインテークで風を導く機能を持ち、右側がレギュレターなど電装系部品を収納したデザインとなっているためだ。万一の転倒時に車両の被害を軽減するガードも、カウル側面下方に配置。また、アップライトなライディングポジションとすることで、スタイリッシュな印象かつ快適なライディングを実現している。
シートはロングツーリングでの快適性と足つき性を両立させるため、前後分割シートを採用。ライダー側のシートはハイ870mm、ロー845mmと2段階に調整ができ、シチュエーションに応じた使い分けが可能となっている。XT1200ZEの標準装備として、アシストグリップやメインスタンド、リヤキャリア、3段階の温度調節が可能なグリップウォーマー、さらに全体デザインの統一感と高級感を際立たせる右側サイドカバーを装備している。

ライディングをサポートする電子制御

後輪空転時に駆動力を制御し空転を抑制するトラクションコントロールは、路面状況やライダーのスキル、好みに応じて、標準モードの「TCS1」、トラクションコントロールの効きを抑えた「TCS2」、機能をカットする「OFF」の3段階にモード切り替えが可能。
スロットルバルブ開度を最適化し、エンジン出力特性を変えることができるYAMAHA D-MODEを採用。ハンドルスイッチの操作で、スポーティな走りを楽しめるSモード、穏やかなレスポンスを楽しめるTモードの2モードから選ぶことができる。

84通りの電動調整式サスペンション

指先ひとつで調節できる、電動調整式サスペンションを搭載。荷重設定、減衰力設定、微調整を組み合わせると84通りの乗り心地を楽しむことができ、Super Ténéré(スーパーテネレ)の走破性と、利便性強化をさらに高めることに成功。

ロングツーリングを存分にたのしむ快適性能

・ロングツーリングを存分にたのしむ快適性能

・ロングツーリング時の疲れを軽減するクルーズコントロール

・3段階の温度調節が可能なグリップウォーマー

・2段階調整シート(HIGH 870mm/LOW 845mm)

仕様・スペック

XTZ1200ZEスペック・仕様

XTZ1200ZE
モデル名/ 年式/ 仕向地 XTZ1200ZE/ 2019/ 南アフリカ
全長/全幅/全高 2,255mm/980mm/(Lo)1,410mm/(Hi)1,470mm
シート高 (Lo)845mm/(Hi)870mm
軸間距離 1,540mm
最低地上高 190mm
車両重量 266kg
最小回転半径 3.6m
原動機種類 4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ
気筒数配列 並列2気筒
総排気量 1,199cm3
内径×行程 98.0×79.5mm
圧縮比 11.0:1
最高出力 82.4kW(112PS)/7,250r/min
最大トルク 117.0N・m(11.9kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セル式
潤滑方式 ドライサンプ
エンジンオイルタンク容量 4.2リットル
燃料タンク容量 23L
吸気・燃料装置/燃料供給方式 電子制御フューエルインジェクション
点火方式 TCI
点下プラグ方式 CRP8EB9(2014年版:要確認)
バッテリー容量/型式 YTZ12S(2014年版:要確認)
二次減速機構 シャフトドライブ
1次減速比/2次減速比 1.466 (85/58)/2.987 (21/25×32/9)
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 リターン式6段
変速比 1速:2.769 (36/13) 2速:2.063 (33/16) 3速:1.571 (33/21) 4速:1.250 (30/24) 5速:1.042 (25/24) 6速:0.929 (26/28)
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 28°0’/126mm
タイヤサイズ(前/後) 110/80R19MC(59V)/150/70R17MC(69V)
制動装置形式(前/後) 油圧ダブルディスク(外径310mm)/油圧シングルディスク(外径282mm)
懸架方式(前/後) テレスコピックフォーク/スイングアーム
緩衝装置(前/後) コイルスプリング/オイルダンパー(前)コイルスプリング/ガス・オイルダンパー(後)
ホイールトラベル(前/後) 190mm/190mm
その他 イモビライザースイッチ、ハザードランプ、スピードメーターkm/h

キャンペーン

こちらの記事もいかがですか?

トップに戻る